KING OF ROCK

PLAY IT LOUD!!GABBA GABBA HEY!!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

光と陰・・

ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー スペシャル・エディション
ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー スペシャル・エディション

参った・・
 またギックリ腰になってしまいGWは自宅軟禁状態・・
そんでもって腰が楽な時はDVD鑑賞ばかりしてた。

昨日は、上記のジョー・ストラマーの生涯を描いた作品を観てた。

なんとも映画鑑賞のカテゴリーでも書いたが・・・
あまりにもストレートな生き方をしてたんだな〜と。。
不器用さ故に光も真っ当に浴びて・・陰での苦労が痛いくらいだったなんだな〜。
誰にでも起こり得るコトであるかもしれないが・・
ちゃんと向き合った結果から何かが見えるだろうと信じることの大切さ。。
昨日はそれを感じながら観てた。

何事にも真面目に接すれば光は大きく照らすだろう。。
そして、温かい光でもありますように。。


映画っていいな〜。。
今日もロンドンは燃えている♪ | permalink | comments(0) | -

アイロニカル・・

The Good, the Bad & the Queen
The Good, the Bad & the Queen
the Bad & the Queen The Good

ブラー♪のデーモンによる新たなプロジェクト!
 THE GOOD , THE BAD & THE QUEEN

なんつっても!!元クラッシュ♪のポール・シムノンが参加!!
というよりも・・メンバーです。
驚きです!!・・アートの世界で頑張っているもんだと思っていたら・・
なんでも・・デーモンの考えに共感し参加したそうな。。

ハバナ3am♪のメンバーの一人が癌で他界したことで・・
  音楽界から引退していたそうな・・よほどショックだったんだろうな。。

でも・・こうしてデーモンの誘いで音楽界に復帰できたことは嬉しいな!
ジャケ写を見る限りでも・・まだまだカッコいいよ!!!
ミックもプロデュース業で頑張ってるし・・天国のジョーも微笑んでるだろうね。


で・・肝心な音!
キーワードとしてロンドンをテーマとして歌詞が描かれているらしいが・・
音は凄く・・哀愁の漂うクールな音。
 それは美しくも聴こえる。

デーモン曰く・・
『マルチ・ナショナルなロンドンの歴史をアイロニカルに捉えた・・』
そんな内容の想像して歌詞を読み・・音にふれると・・愛国心も感じる。

英国人って・・皮肉るコトが好きなんだよね。
どこかひねくれたトコがあってね。
そんな国の事情をさらけ出しながらも・・
 ココでやるべきこと・・音を鳴らすコト・・このメンバーで鳴らす音・・
それに徹している姿が浮かぶ・・すごく!真面目なアルバムだと思う。
そんな所から・・
 アルバムタイトルとプロジェクトのタイトルの意味もなんか伝わる。


皮肉・・風刺・・
最近・・日本でもガヤガヤ騒いでるね。
機械がどうのこうの・・ってね。
そんなことで国の機能を停止させるなよ・・

あの馬鹿な発言した奴もさー
 機械と機会をかけてみたんとちゃうか?
女性が子供を産める機会・・環境整備のコトを訴えたかったんでしょ?
だって・・奴なんか頭悪そうだものな〜〜。
つか・・あのハコに閉じこもって胸にへんなバッジつけた奴ら皆!馬鹿だろう!

俺はあの騒ぎで・・すぐに!
ラフィン♪の
  『SHE’S THE MACHINE』♪が浮かんだ!

  SEX IS MY LIFE♪と叫ぶチャーミーの姿が浮かんだよ。

そんな厚生大臣も紛糾騒ぎの奴らも俺もみんな!
  機械と言われるオマンコから生まれてきたんだよ。。

今日もロンドンは燃えている♪ | permalink | comments(3) | -

悲しみをぶっ飛ばせ!



THE CLASH TRIBUTE
THE CLASH TRIBUTE

昨日から様々なギターウルフの音源を聞いてるんですが、このクラッシュトリビュートでのカバーを聞くとなんだか・・またステージに立って、あのふてぶてしい姿でリーゼントを直してるビリーさんが浮かんでくる。
そのカバーした曲は、

『SHOULD I STAY OR SHOULD I GO』♪

ここでのリードボーカルはビリーさんなんです!
せいじさんとの掛け合いを聞くとニヤリとしてしまう!

きっと!天国のジョー・ストラマーともセッションしてるでしょう。


他に好きな曲は、

3曲目 THE STAR CLUB 『1977』♪
大昔!?スタークラブ名義のカバーアルバムを製作した際にもカバーした曲ですが、それからキャリアを重ね!再びカバーしました!
こちらは前回以上にごり押しで、ヒカゲさんの声の年輪を感じる。

8曲目 DOMINO88 『STAY FREE』♪
ミック・ジョーンズが歌う名曲で清々しい原曲なんですが、こちらはもう少し明るくして!スカッぽいというか?カリプソ風味でアレンジしてます!踊れます!

12曲目 VOODOO HAWAIIANS
『BRAND NEW CADILLAC』♪
クラッシュのオリジナルではないのですが、元々のロカビリースタイルをややドロッとさせてクランプス風味で迫ります!ボーカルは言わずと知れた!元プリプリの中山加奈子ねーさんです!カッコいい声です!


様々なメンツが揃ったのでアレンジもバリエーションが豊で結構楽しめます!
2003年作。

この音源を聞いてたら・・なんかモヤモヤしたものが吹っ切れた気がした。
単純だなーなんて思いでしょうが・・・あー単純です!
ロックンロールなんてそんなもんでしょ!
死んでもやめられないでしょうね!
音楽は永遠に続いてゆく!
今日もロンドンは燃えている♪ | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

今日もロンドンは燃えている

AVVsh0017.jpg
THE CLASH♪COMBAT ROCK♪クラッシュのalbumの頭一曲目ってガツンとヤラレル曲ばかりなんだが、1番好きな一発目!know your rights♪血液の流れを戦闘体制に整えてくれる曲だ!

こちら、ギター伴奏による公共奉仕放送♪
諸君!自分の三大権利を知らなければならない♪
三つとも、頭に叩き込んでおけ〜♪

そんなオープニングの歌詞が最高である!
行進したくなるよなリズムでドンドン攻めてくるバンドの演奏!
邦盤のタイトルが「権利主張」だからねー。カッケーよ!
そして、この曲はマイケル・ムーア監督作品「華氏911」のサントラ盤的なCD「触発・華氏911」にも収録!
アメリカでもっとも成功したアルバム「COMBAT ROCK」、その収録曲が今アメリカの政治の中心をも脅かそうとしているかと思うとおもろい!

他にミック・ジョーンズが歌う、「SHOULD I STAY OR SHOULD I GO」♪
何年前だろう?これまたアメリカのリーバイスのCM曲として使用され、クラッシュ・リバイバルみたいな感じで世界中で再熱したことがあったけー。
その時は凄く嬉しかったし、もちろん再結成ネタも何度も浮上したけど、頑なにに拒否してきたこともうれしかった。
そのCM見たかったなー。
ちなみに、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのツアー「WORLD PSYCHO BLUES」のあたりかなー忘れたけど・・ライブ終了後に必ずこの曲をBGMに客出しをおこなっていた。だから、必ずゴキゲンで会場を後にすることができた思い出がある。

他に踊れる「ROCK THE CASBAH」♪
切ない「STRAIGHT TO HELL」♪
前衛的なファンク?「OVERPOWERED BY FUNK」♪
ズンドズンドコ♪ジャングルビート風「CAR JAMMING」♪
その他全て名曲だと思うものばっかり!
このアルバムからクラッシュを知ろうとすると辛いとこがあるが、必ず聞いて欲しい一枚です!
今日もロンドンは燃えている♪ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

遺産。

The Clash London Calling - The 25th Anniversary Edition
The Clash London Calling - The 25th Anniversary Edition
ザ・クラッシュ
歴史的名盤がさらに威厳を高めた作品になりました。これは事件です!
まず注目は、今年の3月にミック・ジョーンズの自宅倉庫から発見された「バニラ・テープ」でしょう。
そのテープには37曲の音源が収録されてましたが、そこから21曲を厳選して一枚のCDに収録した作品が、今回初めて公開されました。
アルバム「LONDON CALLING」収録19曲のうち15曲もセッションされています。曲が出来上がっていく様子がよくわかる作品になっています。
残りの未発表音源でカッケーなつーのは、
「HEART&MIND」♪という曲。
何故?ボツになったの?首をかしげてしまう。
他のは意外な選曲で、ディランのカバーで、
「THE MAN IN ME」♪という曲。
なかなかクラッシュっぽくってイイよ!これは!
後は、おなじみ「新型キャデラック」♪は荒削りでカッコいいし!
ウォーミングアップ的に演奏してる名曲「REMOTE CONTROL」を聞くとうれしくなってしまう!

もうひとつの目玉はDVD。
このアルバムの制作過程をドキュメンタリーチックに、おなじみドン・レッツが監修した作品!
嬉しくなるのは、故ジョー・ストラマーのインタビューも収録!
他のメンバーのコメントもあり、懐かしさがイッキにくる!
メンバー全員!かなり老けてます。25周年だもんなー。
当時のメンバーの様子なんかを見ると、ホント充実して作品を作ることができたんだなーなんて思った。だからあんな傑作になったんでしょうね。
「LONDON CALLING」のPVも収録されてます!久々に見たがカッケーよ!
自然に足がリズムをとってます!

オススメしたい鑑賞の仕方がある!
まず!最初に「バニラ・テープ」を聞いて、そしてDVDを鑑賞して、アルバムが完成に近づく様子を耳に詰め込んで、目に焼き付けてくれ!
そして、リマスターされた「LONDON CALLING」を聞いてくれ!
クラッシュのメンバーに感謝したくなります!
素晴らしい作品ということを再認識させられます!
今日もロンドンは燃えている♪ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

で、クラッシュ!

4OMsh0002.jpg
SANDINISTA!1980年作。当時LP3枚組・全36曲。恐るべし!クラッシュ!発売当時聞いた人はどんな思いだったでしょう。聞くのに疲れただろうか?内容も大半はレゲエナンバーが中心にスカ♪カリプソ♪ワルツ♪ジャズ♪ファンク♪ディスコ♪もー頭がおかしくなるくらいめちゃくちゃ!
したがって、しらふでは聞けないかも・・。
酒呑んで、頭から体から手、足、そして血液をアルコールで染めて聞くのがベスト!
だからと言って駄作ではない!
俺はDISC1の頭4曲は大好き!
10曲目 誰かが殺された♪ も名曲!
DISC2初っ端 POLICE ON MY BACK♪なんて最高に踊れる!
4曲目 THE CALL UP♪は危機が迫ってくる感じでドキドキするし。
名曲 出世のチャンス♪はセルフカバーして、ボーカルがどっかの子供が歌ってるし、笑うよ。
全曲個性があり、それぞれが名曲だと思う。
このアルバムが発表されなければ、今のパンクロックも少し変わっていただろうね。

で、来月17日に紙ジャケで復刻だそうです。
つまり、サンディニスタ!は3枚組!
当時日本独自企画盤だった、「パールハーバー’79」も復刻!
紙ジャケ嫌いだけど、それは買うかも・・。
今日もロンドンは燃えている♪ | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
<!--BEGIN amazon-->
RECOMMEND