KING OF ROCK

PLAY IT LOUD!!GABBA GABBA HEY!!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

夜汽車で来たあいつ

 久々にこのカテゴリーを更新する。

探偵物語の中でもかなりの名作!
水谷豊がゲストとして出演することが前提でつくられた作品。

兎に角胸が躍る共演!!

















最後の兄妹の再会・・いい。。

ハートボイルド? | permalink | comments(0) | -

『サーフ・シティ・ブルース』

 

工藤ちゃんは、愛車べスパで逗子に飛んだ。
資産家の内藤家を訪ねた。
べスパは煙をモクモクを上げて、ようやく辿りついたが玄関先で内藤家使用人・ゴウダと一悶着ある中、そこに今回の依頼主で美貌の後妻内藤夫人を演じる中島ゆたかさん(男性みたいな名前だが女優さんです)が登場。
そして、ゴウダを一喝!
『工藤さんがお帰りになるまでにべスパを修理しとくように!』

で、今回の依頼内容は、2年前に家出した前妻の娘・リカを病床の父に一目会わせたいから探してほしいというもの。

そんな捜索するなかで、あったかい街に初登場するのが、イレズミ者と情報屋的な設定のダンディー!後々欠かせないキャラになります!

そして、クスリ漬けのソープ嬢となってしまったリカを見つけ出すが、リカは家に帰りたくないという始末。
状況を内藤夫人に伝えたところで仕事は終了したはず・・なんですが、宝石強盗を働いたリカ一味が何者かによって殺害されることに・・・。
果たしてその真相は・・・・。

 

夏の終わりの海は、痛みだけが残るもんだ。
せつない事件だった・・。
そんな予告紹介でした・・・。

『この街の人間はほんの少しの優しさが欲しいんだよ』
この台詞は、心に残ります。

この作品は初期の中でも名作のひとつです。
前回の1話があまりにもコミカルだったんですが、こっちは割りとシリアスなシーンも沢山あり、『探偵物語』の新たな一面を見ることができます。
最後のシーンでの、内藤夫人役の中島ゆたかさんの体当たりの演技も見所!

松本刑事も工藤ちゃんを叩く!叩く!叩く!!!
このシーンは大笑い!

ラストの工藤ちゃんの、
『ゴウダ!べスパ直してくれてありがとう!』の台詞もイカす!



でも、べスパはまた煙をあげて街の中に消えていくんです・・。


次回第3話『危険を買う男』 お楽しみに。


ってコレシリーズ化しようとしてるけど見てる人いるのかな?
ま〜自己満ですがね。
ハートボイルド? | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

『聖女が街にやって来た』

俺、あんましココに書いたことないけど・・松田優作が大好きなんです。
ヲタ全開で愛してます!!
今日は久々に『探偵物語』を見た。もちろん!TV版です。
高校生の時にコツコツとバイトの金を貯めてはLDボックスを買ったもんです・・・でも、DVDボックスも買ったしまったのです・・。
ヲタクなんです・・。
ちなみに薬師丸ひろ子と共演した映画版LDも持ってます・・。
ま〜全然内容は違うんですが・・。



松田優作演じる・探偵の工藤ちゃんのもとに、緑魔子さん演じるシスターから依頼がある。
その対面シーンは傑作!工藤ちゃんは下がピンクのパジャマ姿に上半身裸にサスペンダー!股間には同じピンクの柄のタオルをねじり巻きにしてパジャマから突き出して登場!衝撃です!

シスターの教え子演じる・熊谷美由紀が窃盗したバックを持ち主に返してほしいという依頼。
その依頼内容確認のシーンも笑う。
バックの中にはコンドームが入っていて、シスターに握らせては笑みを浮かべる工藤ちゃんは傑作!!台詞もウケる、おそらく?アドリブ?

そして、バックを返しに、持ち主の所に行くわけだが、そこで持ち主と遭遇するも瀕死状態、しかも工藤ちゃんも背後からギャングに殴られ失神・・気がつくと持ち主は殺されていた・・・。


そこで登場!成田三樹夫演じる・服部刑事と山西道広演じる・松本刑事!
しょっぱなから!ありえない警察内部が展開されてます!
常になんか食ってる服部刑事!暴力刑事の割りに小心者の松本刑事!
この先欠かせないキャラなんです!

おもろいシーンは、英語好きのホームレスが、警察とギャングから逃げ惑う工藤ちゃんとシスターを見て、
『なんだか?ボニー&クライドみたいだな〜』
そして、工藤ちゃんが一言、
『ママ〜DO YOU REMEMBER〜♪』 
と、歌うシーンが好きです。何故か?映画『人間の証明』の一コマを再現してるのが可笑しい。


ちなみにこの第一話は本来は3話だったそうです。
しかし、松田優作が目指す『探偵物語』にふさわしいということで急遽差し替えられたそうです。
そして、この作品に登場する教え子役が後の美由紀夫人なんです。
ここで出会いました。いろんな意味で記念すべき作品です。



こんなコミカルな探偵さんに会いたいです!
そして、この街に登場する人々があったかいんです。
観たことがない方は、この作品から松田優作の自由で奔放な演技を楽しんでください。絶対にハートが踊ります!!
それまでの『遊戯シリーズ』や『蘇る金狼』での演技をイイ意味で裏切ってます!


次回は第二話『サーフ・シティ・ブルース』です。
お楽しみに・・・。
ハートボイルド? | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<!--BEGIN amazon-->
RECOMMEND