KING OF ROCK

PLAY IT LOUD!!GABBA GABBA HEY!!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

真如・・ありのままに・・

39108 (初回限定盤)(DVD付)
39108 (初回限定盤)(DVD付)
吉井和哉

文句なしに最高傑作であり・・
     今年のマイベスト盤です。

詞の世界・・それ全てに感銘する作品でした。
なんてことない世界を歌っているんだが・・あたりまえの素晴らしさ・・
それをすごく感じるコトができた作品です。

タイトルの 39108 には・・
吉井さんが39歳で・・10月8日が誕生日で40歳を迎えるという意味と・・
39・・ありがとう・・108の煩悩という意味が込められてるそうです。

この一年・・限られた一年の中でどれだけ素直にありがとうと言えただろうか?
心の底からの感謝の気持ちを伝えた人達にはちゃんと伝わってるだろうか?
そんな悩みもまた煩悩なのかな?

煩悩・・それあたりまえのコト・・
 表裏一体・・悟りである菩提・・それもあたりまえのコト・・

あたりまえのコトをするだけ・・それだけです。
来年もその気持ちを忘れずに日々精進し・・感謝する日々を過ごします。

  本当にありがとうございました。
        また来年もヨロシクです!!

2006年って・・ | permalink | comments(4) | -

月日・・

ホント・・一年のスピードで早く感じるな〜。
加速っぷりが異常な気がする・・。
去年の今日なんて・・ちゃんと覚えてるし・・

この10年間も・・・あっという間だった気もするし・・
この先の・・3年・・5年・・7年って・・どのくらいのスピードなんやろ?
したら・・・40歳だよわ。
その時もこんなコト書いているのだろうか?
書いて無くとも・・・好きな音楽とはいつまでもいい関係でいたいな。

今日も今年、好きで聞きまくった音源感想文メモ。
この先の10年は聞き続けているだろう・・・音源。


Show Your Bones
Show Your Bones
Yeah Yeah Yeahs

これは、約3年ぶりの新作でした。
前作の衝撃のデビュー作で見せたエキセントリックなボーカルスタイルに・・
計画的犯行なトリッキーさを混ぜ合わせたような音に変わった気がする。
ポップスのワザとらしい部分を・・なんかいやらしく表現してるんだよ。
思わずニヤついてしまう楽曲が多くて・・・大好きなアルバムです!
ま〜基本は前作と変わらずに・・期待以上の作品でした。

次回作はいつでるんでしょうね?楽しみです。

モダン・タイムズ(初回生産限定盤)(DVD付)
モダン・タイムズ(初回生産限定盤)(DVD付)
ボブ・ディラン

こちらは、約5年ぶりの新作。
ちょうど・・5年前の9月11日に前作が発売されて・・5年経過・・
世界情勢はなんも変わらんね・・ホワイトハウスの言いなり・・
ほんでもって・・タイトルに・・『モダン・タイムズ』♪
なんかニヤリとさせられるし・・考えさせられるコトも多々ある。

定かではないが・・ディランの発言で・・
 『現代音楽はクソだ!!』 なんて発言があったらしいが・・
皮肉っているだろうな〜とも感じる作品です!
ロカビリー・・フォーク・・ブルーズ・・ジャズとなんでも御座れ的な音作り・・
前作、前々作と変わらずに天才という称号がよく似合う。
けど・・それすらも皮肉っている気もする。

タイトルから連想するのが・・チャップリン。
当てはめれば・・ディランって現代のチャップリンなのかもしれないね。
リアルタイムで音が聞けるコトには・・ほんと感謝です。
特に90年代からの作品は全てマスト&ベスト!!
今作もまたひとつそこに加わりました。

それと・・
みうらじゅんマガジン〈vol.01〉
みうらじゅんマガジン〈vol.01〉
みうら じゅん

この本も是非!読んでほしい。
おそらく!?
 日本で一番!ディランを愛しているであろう男が編集したディラン本!
この時期に相応しいディラン・カルタもあるから家族で読んでほしい!
世代を超えて楽しめる本だよ。これもマスト!!


オーファンズ
オーファンズ
トム・ウェイツ

こちらは・・ハタマタ7年ぶりの新作でした。
と言っても・・
既発曲もあり・・それと新曲をコンパイルした3枚組全54曲の超大な新作!

ディランが密かに憧れる人・・トム。
上記の2枚を聞いてると・・ホント!アルコールが欲しくなる。
今年はアルコールの量も増えたな〜とも感じる。

それぞれに・・『喧騒編』 『叙情編』 『実験編』というタイトルが付く。
喧騒盤と叙情盤は・・いつもどおりごった煮の音なんだが・・
実験盤は・・詞の朗読なんかもあり面白かった!
なんか・・叫んでるトムが浮かび・・不思議と詞の世界の情景も浮かぶような・・
ま〜〜酔っ払いながら聞いてるからだろうけど・・

トム自身も解説で・・
『このレコードの中心は私の声だ!!』 なんてコメントを寄せているけど・・
まさにそのとおりで・・自身の発言にもあるが・・声が楽器!!
ディランも天才だが・・やっぱり!トムも天才!!
一枚、一枚の完成度が高いよ!!

何よりも・・大好きなラモーンズ♪のカバーを2曲も収録!!
嬉しいじゃないの!!!

なんかね〜〜久々に『ダウン・バイ・ロー』が観たいんだが・・
ジャームッシュDVDボックスも欲しいんだよな〜〜。。

この先・・
映画にしろ・・音楽にしろ・・
  月日が流れても大切にしていける作品にはもっと出会いたいな〜
今年はそんなコトを多々考えるコトができたので・・良かったのかな。

もちろん・・この先の人との出会いも大切にしたいものです。
来年もイイ年になりますように・・
2006年って・・ | permalink | comments(0) | -

walking with you♪

毎度、この時期になると振り返る記事・・
今年、発売された新作の中での・・俺ベスト盤をメモ。

ただ・・今年はあまり新作を買わなかったな〜と思った。
(普通の一般の人よりは買っている・・買いすぎ・・)

レコ屋にも足を運ぶ回数も減ったし・・
何よりもネットでの買い物が異常に増えた気がする・・
便利だし・・楽だし・・けど、ダメだね。

自分の足でレコ屋を巡って・・探して出会う!音源!
その楽しみを最近・・忘れかけてるな〜とも思ったのよ。
来年は・・できる限り・・時間ある限り・・歩いてみようと思う。
ひとりでも楽しいんだが・・誰か付き合ってくれるといいな〜楽しいんだよなっ。
あれやこれや・・音源について会話するのっていいよね。
まさかの音源に出会い・・財布の中身と相談・・これも楽しいのさ。

そんなコトを考えながら・・今年、好きで良く聞いた音源の感想文メモ。


ブルメタ★反抗賊
MACK SHOW

たしか・・去年の新作もベストにあげたけど・・
今年の新作も迷わずにベスト!!!
も〜ね!1曲目からもってかれちゃう・・
最小の3ピースで最強の3コード!!
 美しいのよ・・コレ聞いて心踊らない奴は馬鹿!!

昨年のEPのカップリング曲の再録もあり・・通常盤のボートラも最高!!

今年は・・コルツ♪の新作も良かったしね・・KOZZY♪のソロも最高だった!
先日のTOKYO CLA5H♪の最初で最後の!?アルバムも良かったね〜。
でも・・ベストはこのマックショウ♪のブルメタです!!!
恋愛真っ最ちゅーのイカレタロッケンローラーには絶対に聞いてほしいね!




Rockability
うつみようこ&YOKOLOCO BAND

ようこ姉さんバンドの3枚目の新作!
この人のボーカルスタイルはずーっと!好きで・・
  メスカリン時代から追っかけてる!
日本人離れした声が素晴らしいのよ!

特に今回の新作は持ち味が存分に引き出されているし・・
何よりもバンドとの絡みもバッチリなんよ!
骨太のロックなんよ!
村八分♪のカバー『夢うつつ』♪
 が・・それを物語ってるかな。

一聴!?ヘビーな音を想像しがちだけど・・ 
奥野さんの軽快なピアノ!!
 キュウちゃんのタイトなドラムが音に躍動感を与えてるから聞きやすいのよ。
ロックの何たるかを知ってる人達が作った作品だから裏切らないよ。
どこか!?70年代あたりにトリップしそうな感じだな。


真夜中の太陽(The Sun Of The Midnight)
真夜中の太陽(The Sun Of The Midnight)
THE PRIVATES,延原達治

今作が15枚目だそうです・・いやはや恐れ入ります。
デビュー時からのファンだけど・・
  一時の迷走時期が嘘のように充実してる近年・・
その近年の所謂ガレージ・サウンドを基調にした音では一番の作品かも。

南部寄りのサウンドも好きだが・・
  こっちの方がバンド本来の味が生きてる気がする。
機材にもいろいろこだわってるみたいだし・・音が渋すぎる!
延原さんの声も変わらずキザッてて好きなんだよね。

アルバム・タイトルもそそられるな〜。
真夜中の太陽・・どこで何してるんでしょう?
・・真夜中の月を照らして・・それを見ては・・人の心を動かしている・・
不思議と太陽よりも月から感じるモノ・・コトが多い気がする。。
けど・・やっぱり太陽がなければ月は輝かない・・大きいな〜お日様は・・
日の恵みを感じながら・・レコ屋巡りしたいな。散歩気分でね。

実は上記の3バンド共・・
  ライブ未体験なんで来年は機会があったら行きたいです。
  ブルメタ・マッハな気分で・・
真夜中の太陽をギンギンに感じながら・・夢うつつで酔い歩きながら・・
  来年も素敵な音楽ライフにしたいです。



とっまぁ〜〜ダラダラと所謂・・邦楽と言われる音源を書きましたが・・
気分が乗ったら・・洋楽と言われる音源も書きたいです・・明日かな。。

来年は・・皆さんも素敵な音楽ライフをお過ごしくださいな。
2006年って・・ | permalink | comments(0) | -
<!--BEGIN amazon-->
RECOMMEND