KING OF ROCK

PLAY IT LOUD!!GABBA GABBA HEY!!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ZERO!!!

 昨年のベストアルバムをダラダラと綴ってきたが・・・

これが一番!!お気に入りの作品!!

YYY'S♪の3作目!!

ある意味期待を裏切る作品であったが・・
バンド内で何か変革があったんだろう。。
それが上手い方向に向いた作品だと思う。

ここまで踊れる作品をぶち上げてきたことにヤラレタ。


PIL♪の『フラワーズ・オブ・ロマンス』♪ が
 キーワード的な作品でもあったそうな。
それがまたニヤリとさせる。

あの無機質感が上手く表現されてると思う。
それでも唯一無二で彼らにしか出せない音だと思う。

とにかく頭1曲目の 『ZERO』♪
これが脳天直下の全身戦闘神経症!!!




ゼロということで・・・
昨年は年男ということもあったので・・
心機一転という気持ちで新年を迎えました。
ま〜初心忘れべからずなんて言いますが・・・
初心というものがどこにあるのか知らんので・・
なんとも考えにくいコトなんですが・・・

ま〜謙虚な気持ちを忘れず過ごします。





ゼロ違い。。

2009年って・・・ | permalink | comments(2) | -

2LEGS BAD!!

 AA=

ALL ANIMALS ARE EQUAL

全ての動物は平等である。

そんなタケシのソロプロジェクト名。

入口からして考えさせられる名前だ。

しかも曲のタイトルには・・
『I HATE HUMAN』♪ なんてのもある。

人間はこの先どれだけ破壊を繰り返し・・
創造を繰り返すのか!?

そんなメッセージもチラリとあるのかと思った。

ま〜難しく考えるよりは・・




人類が平和を思えばこそ何か見えてくるんだろうね。
調和だな。。


2009年って・・・ | permalink | comments(0) | -

DEATH!

 まずバンド名に惹かれた。

そして、曲に対するキャッチコピーにドキドキした。

『甘いメロディーと歪んだギターが絶妙なバランス・・』

等々のコピー。
浮かぶは、ジザメリ♪やマイブラ♪サウンド。

見事!ツボにハマルサウンドだった。

ジャケ写に映る女性メンバーも気になる。

意外だったのが米国出身というところ。
是非とも伸びてほしい新人さんである。





死ということで・・
今年は、小学校時代からの友人が不慮の事故で亡くなったのをはじめ・・
キヨシロー・・アベフトシ・・ラックス・・
好きなミュージシャンもこの世を去っていった。

友人の遺体と対面し・・灰と骨になった姿は一生忘れることはないだろう。
あれはもー体験したくないなと。















以上、追悼チューブ。



2009年って・・・ | permalink | comments(0) | -

生命。

 ストロークス♪のフロントマン
 ジュリアンの初ソロアルバム。

度肝を抜かれるくらい素晴らしい音です。

あのバンドからの流れもありつつ・・
ここまで全曲がイキイキとした流れには感心した。
曲の命が迸る瞬間を随所に感じられる音。

エレクトロ中心の音だが・・
アナログシンセの音とプログラミングされた音とのバランスも良く・・
彼のボーカルの力強さが上手く昇華されてる。

全8曲と少ない感じの印象も受けるだろうが・・
お腹一杯の内容で後世に残るアルバムだと思う。

これによって
 ストロークス♪の次作が楽しみでたまらなくなった。



曲に生命が宿るというコトで・・
去年一年も大きな怪我や病気もなく過ごせましたが・・

年末・・最後の最後に風邪をこじらせ寝込んだ。
死んでもいいかなと思うくらい辛かった・・

が・・生きてます。

生命力というと・・
 興福寺の阿修羅さまには仏像以上の何かを感じた。



正月は・・
 『冥土の旅の一里塚』なんて言いますが・・
年ごとに生と死と向き合うのもひとつなんでしょうね。



2009年って・・・ | permalink | comments(0) | -

狂おしき薫り・・

素晴らしい邦題をつけたなと。。


ホワイト・ストライプス♪のジャックによる新バンド!
別バンド・ラカンターズ♪からの流れで・・
THE KILLS♪のvoアリソン嬢を迎えての攻撃的なアルバム!

どのバンドとも好きなために悲鳴のようなメンバー!
ギターにはクイーンズ・オブ・ストーン・エイジ♪のディーンなんで・・
現在の米ロックシーンの重要な人物が集まった音。

そのタイトルに 『狂おしき薫り』♪・・
 悩ましくなるし・・体の底にあるネジが締め付けられるような快感。
何よりもアリソン嬢のセクシーでブルージーな声やスタイルに悩殺。

そして、ジャックのドラムがしっかり支え
 他のメンバーを自由に動けてるのが伝わる音。


狂おしい・・薫り。
去年を匂わせた狂おしきコト・・・
自転車に乗りながら感じる風の匂いとか・・
山や自然に立ち感じる風や汗の感じかな。

それ以外に臭わせた狂おしきコト・・・
9億円の子供手当。
毎月1500万円も貰いながら・・知りませんでした。って。。
頭悪い奴がこの国を牛耳ってる。。




このディラン♪のカバーもイイ!!
死んだ馬ルシファーの泣きも痛みも響く曲。
ルシファーとはキリスト教でサタンを意味する・・

MISS Xは何を考えてるかわからない・・・
 
そんな叫びも共感。。

ブリッジのタイヤに轢かれて
 死んだ鳩の無念さも聴こえるようなブルージーな音です。
あっちの鳩もどっかで轢かれろ!
 
2009年って・・・ | permalink | comments(0) | -

デカい。

 規模のデカいアルバムだ。

フーファイ♪のデイブの音頭で・・
クイーンズ・オブ・ストーン・エイジ♪のジョシュアと・・
ツェぺリン♪のジョン・ポール・ジョーンズがメンバーとなるバンド!

ドラムはデイブ叩き・・
 ジョシュアがギターを鳴らしウネラセ・・
ジョンジーのベースがガッチリ固める!

所謂ジャム・セッションから生まれたであろう曲群だらけだが・・
なんか惑星規模で暴れているバンドの音。
それぞれの星がぶつかりあって砕け散った無数の音に・・
 様々な熱い星がその音を彩る輝く感じ。。

わかんねーべね。。

聞きたい人は買って聴いて。。
ウネルから。。


去年・・デカいと思った人・・・

毎年ながら・・イチロー。
と・・小沢イチローかな。。





2009年って・・・ | permalink | comments(0) | -

闘争40年。



ストリート・フィティング・マン♪は今も闘争中!

40年経て・・このアルバムが新装リリース。

なんとも嬉しいボリューム!
CD3枚組にDVDが付属。
海外盤だとLP付きのヴァージョンもある。

この太っ腹に感謝。

当初のリリース目的だった・・ 
共演アーティストの演奏盤として
 B・B・キング♪ と アイク&ティナ・ターナーの演奏も収録。 

1969年のアメリカ・ツアーのハイライトを収録したライブ盤です。
60年代のピークがココに詰まってる!
ギタリストがミック・テイラーに変わって初めてのツアー!

個人的に好きなギタリストだし好きなアルバムだったから・・
今回の再発盤も迷わず購入。

特に未発表盤の『サティスファクション』♪なんてドキドキしたよ。


今だに現役のライブバンドであり衰え知らず!
ホント!ありがたいことだと思う。
しかも40年前の演奏もほとんど違和感なく聞けることが素晴らしい。


幾つになってもストーンズ♪であれビートルズ♪であれ・・
 ツェッペリン♪であれディラン♪であれ・・
当時の音をずーっと大事にしていくことで自分も成長したいなと。。
今回、このライブ盤にふれて改めて思った次第です。





2009年って・・・ | permalink | comments(0) | -
<!--BEGIN amazon-->
RECOMMEND