KING OF ROCK

PLAY IT LOUD!!GABBA GABBA HEY!!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

神は笑う。

 2月も終わるのに昨年のベスト音源について書いてる。。

どうかしてるけど・・この国もどうかしてる。
俺の頭の方がマシなのかも。
どっちだ!?


たぶん・・・
  俺にとっての大みそかが今年の3月10日だね。

長いような短い一年が終わる。

そして、翌日が正月だな。


一年前のことなんて笑い飛ばせる感じだよ。


やっぱり音楽に救われてる俺がいる。
コレ↓がナンバー1ソングです!!







聞け!!!

2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -

奇跡な出会い。

ソウル・フラワー・ユニオン

 ソウルフラワーユニオン♪の最新作!

津波で被災した地に出向いては演奏を奏でる集団!
ホント!ありがたい人達だ。

そして、
 そこで津波で流されたターンテーブルに纏わる出会いが元になってる歌。



そのターンテーブルを写真に収めネットに公開したところ・・・
それは自分の物かもしれないと・・
その方はソウルフラワーの20年来のファンであり・・
阪神大震災時にはソウルフラワーと共にボランティア活動したこともあるそうな。
その奇跡と軌跡から生まれた曲なんです。

いい話や。。

流されても・・何か新たなことがまた始まり生まれる。

これはホント教訓というか感謝にもあたる。



俺も津波から逃げ一晩ともにした20人くらいの仲間の中に・・
同い年で誕生日が一緒で血液型まで一緒で・・
しかも旧姓は俺の親父と名前が一緒の女性と出会った。

これも奇跡でしょう?

おまけに猫舌というのも一緒だった。

その方の旦那さんは、これまたパンクロックが好きでね。

その家族の家も流されたので・・・
  ヘドロ掃きなんか手伝った際にはゴミの中に埋もれた
GBH♪のCDまでもらったよ。

ちゃんと聞けたし家宝です。

今も仲良くさせて頂いてるありがたい出会いです。



こんなこともあったから
 被災の楽しさを味わうこともできた。


このソウルフラワー♪の音源と
 GBH♪を聞くたんびにキセキを実感するだろう。



2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -

明日があるさ。

 ラフィン♪の新作!

いつもながらのテンションで安心した。

チャーミーは気仙沼出身。
震災後の故郷をどのように想い感じていたんだろうか・・
そして、昨年の8月にこれが発売され聞き安心した。
もー50歳を超えたチャーミーは何も変わらず最前線にいた。

そーなりゃー
 自分も常にテンション上げて乗り気らにゃーって頑張ったさ。


アルバムタイトル 『明日を狙え』♪

これにニヤリとさせられ今も震災と闘ってる!
ゲットザグローリーだぜ!!

サンキュー!ラフィン・ノーズ♪




津波からのがれ孤立し吹雪の中・・
 夜になりヘリが飛び交い情報が錯綜しながらも・・
空を見上げれば星が綺麗だったよ。

あの夜空を見た時・・
 明日はどうしよう!?って考えられるくらいの余裕があったよ。

立ちしょんべんしながら明日を狙ってました!


2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -

終わりから。

 昨年、かなり聞き込んだ作品。

ライブハウスに置いてあるフリーペーパーのディスクレビューだけで購入した。
だって・・・
アルバムタイトルが・・・

イギーと讃美歌って。。

パンクロック信者にしてみりゃーイギーは神!
そして、讃美歌ときたら聞かずにいられない!

速攻でハマったよ。
昨年のベスト1にしたいくらいの作品です!


若い子もこんな音が出せてより深い世界も描けるんだと感心した。
音への探求心に強欲な俺を唸らせてくれた。ありがとう。
昨年は何度も来仙してくれたみたいだが・・
中々日程が合わなかったが、今年最も!観てみたいバンドでもある。




昨年の状況が終わりならば・・
始まりから再生から始まることって終わり以上に素晴らしく楽しい!
死んで逝った人々には悪いが・・
あの状況を楽しんで前に進もうとしてた俺が楽しかった。
かなり可笑しかったし狂ってた!
サバイバルジャンキーだった。

下を眺めててもヘドロや瓦礫や車や遺体だらけ。
それを吐き出した時の気持ち良さは
  津波を経験した人間にしか味わえない喜びだと思う。


終わったかもしれないが・・
  黒い波に飲み込まれた時から始まってたんだ。
そんな喜びも知らずに。

ただ単に流れただけで・・・次の流れに乗っただけ。

今はどんな波に乗ってるのか?




2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -

軽くない。

 現在のところトモフ♪の最新スタジオ盤。
ホントは去年の今頃発売されたアルバムなんだが・・

これ・・震災後に聞く機会が増えてね。

なんかズシーんとくるアルバムなんだよ。


トモフ♪のアルバムってどこかハッピーで力の抜けた感の音に溢れてて
 それに包まれる幸せが最高なんだが・・

これはトモフ♪本人の解説でも述べてるように地味なんだよね。
けど歌詞の世界が何か・・・
 震災後の世界観を予知してたかのように心に刺さる歌が多いんだよ。


時間の重みだったり・・孤独感に寄り添う時の流れとか・・・
非常に考えさせられるアルバムでもあった。


聞くたんびに新な発見ができるスルメアルバムです。



今年はバンドトモフでも来仙してくれて嬉しかった。
震災後もの凄く力を頂いた!
感謝します!!ありがとう!トモフスキー!!



あなたは天才だ!!


2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -

重い。

ルー・リード&メタリカ

 逆にこの作品は重かった。。

ロック界の異種格闘技というくらいの共演なんですが・・・

ここまでマッチするとは思わなかった。

基本的にはルーのボーカルにメタリカの演奏という感じだが・・
両社の個性は激しくぶつかり合い血みどろになりながらも・・
最後は握手し合うような音。

わかんねーかな。

文系と体育系の喧嘩なんだが・・
最後はお互いに尊敬しあう感じの音。


ただ・・アルバムタイトルのLULUとは・・
切り裂きジャックに虐殺された女性の名前らしく・・
歌詞の内容も重い。。

メタリカ♪の作品という先入観で聞くよりは・・・
ルーの戯曲詩を聞くという構えで入る方が聞きやすいかも。




ま〜重い年ではあったが・・・
津波で壊滅的にやられた地元の道路を復興すべく
 タッグを組んだ自衛隊との共演にはいい刺激をもらいましたよ。

ただ・・奴ら公務員なんでキッチリ5時前に片付けして帰るんだよ。
そこんとこもう少し刺激してやりゃーよかったかなと後悔してる。

日の丸を背負うって重いんだろうなー。
親方日の丸の諸君ありがとう!そして!頑張れ!!



2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -

重くない。

 ↓のストーンズ♪DVDの流れから・・


ミックの新バンドつーフレコミの話題の新作。

ライナーにも書いてあったが・・
ミックのバンドと言うよりは・・
ミックが加入してるバンドという方がしっくりくる作品。


基本にはレゲエがあるんだと思う。
そこからグローバルなロックが展開されてる作品。

酒飲みながら踊れる音!!

大人が羽目を外すには最適な音かも。
俺は大人でもないので・・
  そんなに羽目外しながら聞き酔いしれなかったが・・


ミックの個性って凄いな〜って関心した作品でもある。
が・・デイブ・スチュアート ジョス・ストーン ダミアン・マーリー(ボブ・マーリーの息子)
それらの個性がぶつかりながらも化学反応は異常なまでに爆発してる。

好盤だと思う。



今年は・・へヴィーなことだらけだったが・・・
こうして至福の音に触れることができたってことは・・・
生きててよかった! つーコト!



2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -

蝿。

 今年は津波に飲まれて死にかけたが・・・
ま=普通に音源は買っていた。
が・・忙しさに感けて更新はしてなかった。

なもんで誰も期待はしてないだろうが・・
今年も音源と共に今年を振り返る。


でもって・・・レッチリ♪の新作!

被災地には蝿が多くてね。。
だからこのジャケ写はすぐに被災地が浮かんでくる。

タイムリーすぎるだろうと思ってしまう。


ギタリストのジョンが脱退してからの新作。
でも新加入した人物はジョンのソロ作品でもプレイする人らしいので・・・
ジョン節を引っ張りながらの作品って感じ。
しかもリック・ルービン プロデュースなんでそんなに変化なし。
若干ファンク路線色が濃いイメージもあると個人的に思う。

でも駄作というわけでもなく普通に良い作品だった。。


被災地の蝿同様にウザいくらいの
  ゴリ押しファンク路線のレッチリ♪に今後期待する。

ただ・・・蝿はファンキーじゃないよね。
むしろ・・・瓦礫の方がファンキーでもありパンクでもあった。





2011年って。。。 | permalink | comments(0) | -
<!--BEGIN amazon-->
RECOMMEND