KING OF ROCK

PLAY IT LOUD!!GABBA GABBA HEY!!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

光。。。

明日で4年だそうだ。。
もー震災とか被災者とか
  他人事のような感じに思えてくるときがある。。

麻痺なのか現場にいると当たり前のような景色に慣れてしまう。

時間の経過は恐ろしい。。
そのうち放射能とかいう言葉も忘れ去られてしまうのか・・
それが悲しいことなのか・・未来にとって良いことなのか・・
たかが4年では分からない。。

この被災地を明るく照らす光はいつ射し込むのだろうか。。

4年でも無理でした。。


で・・銀杏BOYS♪である。。
昨年の頭に発売された作品だが・・・
何せ!9年ぶりのアルバムだ!!
そんなに月日が流れてるとは思わなかった。。

昨年一年!色々な作品を聞きこんできたが・・
この作品を超えるような衝撃は無かった。。
峯田くんの圧倒的な表現力を超えることなんて・・
無理でした。。
全ては俺の解釈だがね。。

全曲が光というノイズに塗れて輝き放ってる!!
ここまで素晴らしい作品になるなんて・・想像しなかったから・・
尚更に衝撃でした。。
つーのもほとんどの曲はシングルなどで発表済みだったが・・
それをも超える作品に育ってしまった。。
一年以上聞き倒してもやっぱり!傑作!!!
そして!痛快なアルバムだと思う。。
見事にやられた感がある。。


9年も待ってた甲斐があったというもんだ。。
震災なんてまだまだ4年だ。。
半分も過ぎてない・・



頑張るよ。。
光を目指して!


2014年って。。。 | permalink | comments(0) | -

明日の朝は冷え込むだろうな・・

評価:
Beck
Capitol
¥ 1,045
(2014-02-25)

寒い・・。

ベックが昨年、約6年ぶりくらいに発表した作品です。

音の内容は温かみを感じる素晴らしいアルバム!
基本的にはルーツでもあるフォークやカントリーという音に
様々な音をコラージュするような作品です。
そして、美しい作品なんです。

まさに様々な朝を切り取ったような感じ。
何かが始まります!みたいな感じの朝って色々あるでしょ?
それは聴きながら人それぞれが感じ取ってもらえれば・・
たとえば・・真夜中に聴きながら朝を迎えてみるとかね。。
きっと何か解放されるような感覚になると思う。。





何かに祈るような気持ちになる曲だ。。


2014年って。。。 | permalink | comments(0) | -

カオス!

ストロークス♪のVo ジュリアンの5年ぶり2枚目のソロ!

バンドからの解放でもないんだろうけど・・
混沌とした音の乱反射というか・・
かなり逝っちゃってる!!

でもって、VOIDZ♪というバンド名義の作品でもある。
ある意味ストロークス♪とは違う表現なんだと思う。
ストロークス♪も迷走してる感はあるが・・
このアルバムの音も迷走に聞こえるが・・
実は混沌とした中で見える現実こそが真実なのか!?
将又!?夢か幻か!?・・何に向かい・・何を得るのか?

聞いてると混沌としながらもアルバムの終盤には力も抜け・・
結構・・癒される変なアルバムだ。



どっかのテロリストとどっかの国の政府の人も聞くといいよ。


なんかそんなどっかの国のカオスみたいなアルバムだわさ。。





全編に渡って脳の隅っこを突っつくような音だらけ。。。

怪作!!


2014年って。。。 | permalink | comments(0) | -

呼吸はアツい!

評価:
MAGUMI AND THE BREATHLESS
Backyard/ATSUGUA RECORDS
¥ 3,034
(2014-05-14)

なんとなく夜を感じるアルバムです。

マグミのバンドの2ndアルバム。
前作以上にバンド感を感じる。
いい感じ♪
前作が太陽ギラギラな日中という感じで・・
今作は風の匂いまでも伝わる夜の音のようなが気がする。

勝手なイメージだがね。

ライブにも何度か足を運んで感じたから・・
今、聞き返すと尚更そう感じる。

大人の意地悪系な人が奏でる大人の音遊び♪
バックボーンがしっかりしてるからネタが面白い!

いつまでも聞き続けられる名盤だと思う。





この曲もカッコいいが・・
 『砂の家』♪という曲が素晴らしいから聴け!


2014年って。。。 | permalink | comments(0) | -

お家に帰ろう。

メリークリスマス♪

ま〜何も変わらない平日を過ごしてますが・・

記録用に今年発売された音源の自己満レビュー2014!!

THE WHO♪のロジャーとウィルコが
  タッグを組んだ素晴らしいアルバム!


末期の膵臓癌と宣告されたウィルコと
 アルバムを作る約束をしてたロジャー


召される前に渾身の音を届けてくれた。
基本はウィルコの曲をロジャーが歌うスタイルだが・・
これが凄くハマってる!!
なんでもっと早くやってくれなかったんだよ!!
そう!言いたくなる音!!
両者の良さが十二分に発揮されて涙モノのアルバムになってる。


御存じの通り!ウィルコは癌を克服したのだ!
末期と宣告され余命幾何と言われながらも・・
音の救われ・・神からまだこっちに来るな!ってことだろう。
こんな素晴らしいギタリストの命を奪う神は神ではない!

是非!また機会があれば作品を届けてほしい!
ウィルコ!ロジャー!ありがとう!!





今夜はさっさと家に帰って酒でもカックラってロッケンロー!!!

2014年って。。。 | permalink | comments(0) | -
<!--BEGIN amazon-->
RECOMMEND